2019年12月10日火曜日

原発事故避難先での台風被災 福島県内325世帯

 福島県を襲った台風と豪雨によって、原発被災地の双葉郡から県内各地に避難した人たちも多数が床上浸水などの被害を受けました。富岡町は現在も町民約1万2800人のうち9割がいわき市など町外で暮らしているなど、双葉郡内の各町は避難先での被災状況を把握するのに務めていますが、地元でないのでなかなか順調にはいきません。

 避難先でようやく腰を落ち着けられ新居を建てたのに、そこが洪水で泥にまみれ、冬を迎えても片付けや修理が終わらずに、かつての仮設住宅暮らしに逆戻りし、窮屈な年越しを迎える被災者もいます。

 河北新報が2本の記事を出しました。
お知らせ
都合により11日は記事の更新ができません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
原発事故避難先での台風被災、福島県内325世帯 居住広域で即時支援難しく
河北新報 2019年12月8日
 台風19号では東京電力福島第1原発事故の避難者も二重に被災し、福島県内では避難先で計325世帯が家屋浸水などの被害を受けた。原発事故で被災した双葉郡内には全域避難が続く自治体もあり、全国に広域的に散らばった住民への即時支援の難しさが浮き彫りとなった。

■電話で安否確認
 原発事故で双葉郡から県内各地に避難し、台風19号でも被災した世帯数は富岡町108、浪江町84、大熊町79、双葉町27、楢葉町22、葛尾村3、川内村2。広野町は被害が確認されていない。多くが夏井川や好間川が氾濫したいわき市内で、床上床下浸水のほか車の水没も含めた。
 二重で被災した住民が最も多かった富岡町は2017年春に一部を除き避難指示が解かれた後も、町民約1万2800人のうち9割がいわき市など町外で暮らす
 台風対応で町は警戒レベル4以上の避難勧告・指示が発令されたエリアに住む県内外の町民を抽出し、電話で安否確認。水や食料を町のいわき、郡山両支所に準備したほか、町社会福祉協議会と連携し高齢者や独居世帯も訪問した。
 町総務課の林紀夫課長は「台風が過ぎた後の安否確認にならざるを得ず、直接的、即時的な支援の難しさを認識させられた。町外で何をどこまでできるか、考えなければならない」と悩ましさを口にする。

■延べ70人を派遣
 町は各種証明書発行手数料の免除や町税減免といった支援を打ち出すとともに、郡山市や大玉村など4市町村に職員派遣を打診いわき市には臨時給水所の運営などに延べ70人を派遣した。
 「町民が世話になっている被災自治体を支援することが生活再建にもつながると考えた」と林課長。双葉町や大熊町も被災自治体に職員を派遣した。
 全町避難する双葉町はいわき市に仮役場を置く。町生活支援課の担当者は「町内での対応と異なり職員がパトロールをしたり、消防団から連絡をもらったりして状況確認することができない」ともどかしさを打ち明ける。

■「備え」呼び掛け
 帰還困難区域を除き避難指示が解除されている浪江町も電話で県内外の町民の安否を確認したが、台風襲来と同時にはできなかった。被災自治体に浸水地域の情報を尋ねながら、町民が居住しているかどうか絞り込んだ。
 町二本松事務所生活支援課の担当者は「地元でないだけに、住所の大字小字を見ただけでは浸水の有無を判別しにくい」と語る。町総務課の安倍靖課長は「居住する市町村のハザードマップを日頃から確認し、災害に備えてほしい」と呼び掛ける。


台風で「仮設」暮らしに逆戻り 福島の原発避難者またため息
河北新報 2019年12月8日
 広範囲に甚大な被害をもたらした台風19号は、東京電力福島第1原発事故で古里を追われた避難者の暮らしを再び直撃した。ようやく腰を落ち着けられた新居は泥にまみれ、冬を迎えても片付けや修理が終わらない。かつての仮設住宅暮らしに逆戻りし、窮屈な年越しを迎える被災者もいる。(報道部・吉田尚史)

 ひっそりとした仮設住宅に冷たい風が吹き、風除室がガタガタ音を立てる。長屋造り、二間だけの狭い空間。原発事故で避難した当初の記憶がよみがえる。
 「2度も避難することになるなんて」。福島県富岡町から避難し、郡山市の自宅が浸水被害を受けた無職守岡正子さん(76)11月中旬、市内のプレハブ仮設住宅に息子と入居した。8年前、富岡町民ら原発避難者向けに整備され、現在はほとんど空室だ。
 5年ほど前、同県大玉村の仮設住宅を出て郡山市に新居を購入した。近くを流れる阿武隈川支流の逢瀬川が氾濫し、水が床上まで達した。「天災だから何ともしようがないよねぇ」と自らに言い聞かせる。
 2階で生活を始めたが、台所がないため弁当を食べる毎日。体が疲れ、富岡町に戻ろうか思案していた時、町から仮設住宅入居の打診があった。台風19号で被災した町民の数世帯がいわき、郡山両市内の仮設住宅に入るという。
 エアコンの調子が悪いため、こたつとヒーターを持ち込んだ。「部屋が狭いのは辛抱しなきゃ。日当たりもいいし、逆に部屋が早く暖まる」。前向きに考えるようにしている。
 リフォームを終え、再び自宅に戻れるのは年を越す見通しだ。「隣近所は空き部屋だけど、富岡の人がいずれ入ると思うんだ」。静かな廊下を見渡しながらつぶやいた。

 全町避難が続く同県双葉町の無職広畑良一さん(68)は、避難先のいわき市の自宅が被災した。新居を構えて3年余り。「ついのすみかと思い、覚悟を決めて建てたのに…」と肩を落とす。
 家の前を流れる夏井川が氾濫し、床上まで浸水。泥をかき出し、拭き掃除などをこつこつするが、1カ月が過ぎても終わりが見えない。床にくっきりと黒い染みが残り、ため息が出る。
 「もうほかに行くところはねえよ」。原発事故で避難先を県内外で5回以上も転々とした。周囲に高い建物もなく、土地柄も古里に似ていたことが気に入り、いわき市郊外に腰を落ち着けた。双葉町の家は動物に荒らされて取り壊した
 2階で妻と暮らす。寝付きが悪くなり、体重も落ちた。朝起きて1階に降りると泥の臭いが鼻を突き、気分が落ち込む。「原発事故で避難した時を思い出しちまう。家を直しても、また来年、大きな台風が襲ったらどうなるんだろうか

高浜町が第三者委設置/関電、贈答品・接待を禁止16日から

 関西電力、福井県などに続いて高浜町は元助役森山栄治氏(故人)と職員との間に金品のやりとりがあったかどうかを調べる第三者委員会を設置しました。来年3月に調査を終える予定です

 それとは別に関西電力は、金品受領問題の再発防止を図るため、役員を含む全社員に贈答品と接待を受けることを禁止する規定の運用を16日に開始するということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関電問題、高浜町が第三者委設置 職員の金品受領で
共同通信 2019/12/9
 福井県高浜町は9日、関西電力役員らに多額の金品を渡していた元助役森山栄治氏(故人)と職員との間に金品のやりとりがあったかどうかを調べる第三者委員会を設置した。来年3月に調査を終える予定。
 町によると、調査対象は課長級以上の現職のほか、歴代の町長ら特別職と退職した課長経験者で、計67人。委員長を務める福井弁護士会の高辻俊一弁護士と町の代表監査委員の2人が聞き取りを進める。
 高辻氏は「限られた期間、条件の中ではあるが、誠心誠意、職務を全うする」とのコメントを出した。


関電、贈答品・接待を禁止 16日から、受ければ報告義務
共同通信 2019/12/9
 関西電力は9日、金品受領問題の再発防止を図るため、役員を含む全社員に贈答品と接待を受けることを禁止する規定の運用を16日に開始すると発表した。やむを得ず受けた場合は所属長や総務部門への迅速な報告を義務付け、物品の返却や費用負担など会社として必要な対応を取る。
 制定したのは「贈答および接待の取り扱いに関する規定」。行事や時候のあいさつで配布される記念品の受け取りと、会社の事前承認を受けた会費制接待への参加は例外として認めた。
 全体の状況は総務部門で把握する。法令順守の観点から社内不祥事などを議論する「コンプライアンス委員会」にも報告する。

10- 福島原発の窒素生成装置1台が停止 

窒素生成装置1台が停止、福島 第1原発、異常なし
共同通信 2019/12/8
 東京電力は8日、東日本大震災で事故を起こした福島第1原発で、原子炉格納容器の水素爆発を防ぐための窒素を生成する装置1台が停止したと発表した。別の装置は正常に作動し、格納容器内の水素濃度や温度に異常はなかった。原因を調べている。
 同社によると、窒素生成装置は3台あり、うち2台を常時運転させているが、8日午前11時半に1台が停止。同午後0時56分に、待機中の1台を起動してカバーした。
 炉心溶融(メルトダウン)が起きた1~3号機の格納容器内では、溶け落ちた核燃料などが発する放射線で冷却水が分解され水素が発生する

2019年12月9日月曜日

大飯原発の再稼働を差し止めた樋口英明・元裁判官と対談

 来年の京都市長選に立候補を表明した福山和人氏が、2014福井地裁で大飯原発運転差し止め判決を出し、退官後も脱原発へ精力的に活動を続ける元裁判官の樋口英明氏と対談しました。福山和人氏も大飯原発差し止め訴訟の原告弁護団として活動した弁護士です。
 対談で樋口・元裁判長は2000年以降国内での主な地震を「強さ=ガル」の順に並べた一覧表を示し一番強いもので4022ガルで、住宅メーカーも5115ガルまで耐える住宅を売り出していると述べました。
 そして「大飯原発の耐震強度700ガルが極めて小さいのは誰が見てもわかるのに、多くの裁判官が理解していない。~ 普通の感性を持ち続けることが法律家には大事」と強調しました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大飯差し止め裁判官と福山氏対談 京都から再エネ普及を
市長選向け原発危険指摘
しんぶん赤旗 2019年12月8日
 2014年福井地裁で大飯原発運転差し止め判決を出し、退官後も脱原発へ精力的に活動を続ける元裁判官の樋口英明氏と、来年の京都市長選(1月19日告示、2月2日投票)に立候補を表明した弁護士の福山和人氏(58)=無・新、日本共産党推薦=との対談企画が6日、京都市内で行われ、約70人が参加しました。主催は「ウチら困ってんねん@京都」。

 樋口氏は、2000年以降の国内での主な地震を「強さ=ガル(揺れの強さを表すのに用いる加速度の単位)」の順に並べた一覧表を示しました。一番強いもので4022ガルでしたが、大飯原発の耐震強度は700ガルまでです。「住宅メーカーでも5115ガルまで耐える住宅を売っている。700ガルで安全なわけがない。誰が見てもわかるのに、多くの裁判官が理解していない」と指摘。「電力会社の持ち出す学術的な議論に付き合うのではなく、普通の感性を持ち続けることが法律家には大事」と強調しました。

 自身も大飯原発差し止め訴訟の原告弁護団として活動した福山氏は、老朽原発の危険性などを述べ「京都市は関西電力の大株主。市長になれば、関電に対して原発廃炉を求めていく。市が先頭に立って原発に代わる再生可能エネルギーの普及をさまざまな形で進めたい」と展望を語りました。

国会の原発監視必要 藤野氏に参考人が主張

 衆院原子力問題特別調査委員会は5日、専門的見地から助言を得るための会合を開きました。
 参考人からは、国会事故調の国会に対する提言に基づき、規制当局や政府、電力事業者への国会の監視強化を求める意見が相次ぎました。
 元国会事故調査委員長黒川清氏は、「福島原発事故以降世界では脱原発への変化が生じる中、日本だけが原発を推進していると指摘し、その背景にはそれによって原子力ムラに金が回ることがある(要旨)」と述べました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国会の原発監視必要 藤野氏に参考人が主張
しんぶん赤旗 2019年12月8日
 衆院原子力問題特別調査委員会は5日、専門的見地から助言を得るための「アドバイザリー・ボード」(会長=黒川清・元東京電力福島第1原発事故の国会事故調査委員長)を開きました。
 参考人からは、国会事故調の国会に対する提言に基づき、規制当局や政府、電力事業者への国会の監視強化を求める意見が相次ぎました
 日本共産党の藤野保史議員は、政府が旗振り役となり2018年に電気事業者連合会(電事連)の枠を超え、電力会社・メーカー・関係団体からなる原子力エネルギー協議会(ATENA)が設立されたことを紹介。これまで電事連が原子力規制委員会と非公開の面談を重ね原発の検査制度見直しに注力してきたことを指摘し、「ATENAが電事連よりも大きなスケールで、『対話』と称した規制委員会への『干渉』の度合いが強まる。『規制の虜(とりこ)』が復活する」と懸念を示しました。
 黒川氏は「おっしゃるとおりだ」と述べ、福島第1原発事故以降、世界では脱原発への変化が生じる中、日本だけが原発を推進していると指摘。その背景に「金目のものがある。国会がしっかり見ていかないといけない」と主張しました。

太陽光発電設備 台風被害で規制を強化求める

 太陽光発電は今後も大いに拡大させる必要がありますが、当然自然環境の破壊とのバランスを考慮する必要があります。
 今年の大型台風により、埼玉県越生町や小鹿野町のメガソーラー設置現場で、崩壊被害を生じました。どちらの事例も、電気事業法の「技術基準」では規制されていない軟弱地盤などで発生しました。
 共産党の伊藤岳議員は5日の参院環境委員会で、「技術基準を見直し、発電設備の設置形態に応じて立地を規制、禁止すべきだ」と求めました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
光発電設備 崩壊被害 伊藤氏、規制強化求める
しんぶん赤旗 2019年12月8日
 日本共産党の伊藤岳議員は5日の参院環境委員会で、自然災害による太陽光発電設備の崩壊被害をとりあげ、規制を強化するよう求めました。
 伊藤氏は、埼玉県越生町や小鹿野町のメガソーラー設置現場で起きた台風による被害事例を紹介。どちらの事例も、電気事業法の「技術基準」では規制されていない軟弱地盤などで発生していると指摘し、「技術基準を見直し、発電設備の設置形態に応じて立地を規制、禁止すべきだ」と求めました
 経済産業省の河本健一審議官は、太陽光発電設備に特化した新たな技術基準を整備し、軟弱地盤を含め設置者がとりくむ対策を規定する方向で検討を進めていると答えました。

 伊藤氏は、メガソーラーの乱開発や埼玉での事故の原因は、自治体や住民の理解促進を努力義務にとどめる事業者に甘い法体系にあると指摘。「特定の保護区域などで大臣は事業に同意しないと示すべき」と求めました。小泉進次郎環境相は、環境影響評価法の大臣意見で適正な措置が講じられるよう対処していくと述べました。

09- 今月の例会開催日 変更のお知らせ

 これまで「原発をなくす湯沢の会」の例会は毎月第2火曜日に行ってきましたが、今月の第2火曜日・10日については他の複数の催しと重なるため、1週間延期し17日(火)に行います。
 日時・場所等は従来通りです。